TOFU-MEAT(トーフミート)について

TOFU-MEAT(トーフミート)は国産大豆100%の豆腐から作った、高たんぱく・低カロリー、コレステロール0のヘルシーなミンチ肉タイプの代替肉です。

TOFU-MEAT(トーフミート)とお肉の栄養比較

TOFU-MEAT(トーフミート)は

  • ヴィーガンやベジタリアン、フレキシタリアンなど、自然環境や身体のことを考えて、お肉の摂取を制限している方
  • アスリートなど良質のたんぱく質を必要とする方
  • 自分や家族の健康を考えて、合成添加物や余分な調味料などを摂りたくない方

このような方々に安心して食事をしていただけるよう、単なる健康志向食品の枠を超え、これからの世界基準になりうる規格で製造しています。

原料の豆腐は、昔ながらの製法で、天然にがり以外の添加物は一切使用していない、安全でおいしいお豆腐です。


世界で広がる代替肉・ミートレスミート・フェイクミート

世界では今、代替肉のブームが起きています。
健康志向、地球環境への負荷の軽減、持続可能性への意識の高まり、などの理由から代替肉の市場が拡大し様々な代替肉製品が販売され始めてきました。

今では代替肉は単に肉の代用ではなく、良質なたん白質の摂取源として認知され、ヴィーガンやベジタリアン以外にも代替肉のメリットを実感する人も増えてきています。

世界的に有名なハリウッドスターやセレブ達の間でも、ビーガンは増えてきています。
また、フレキシタリアンと呼ばれる、植物性食品を中心とした食事をしながら、時には肉・魚も食べるという柔軟なベジタリアンスタイルの人たちもいます。

食の多様性、ライフスタイルの多様性に伴い、代替肉は多くの方に支持されています。

アスリートからの熱い支持

アスリートといえば、プロテインというイメージがありますが、世界のトップアスリートの中にはヴィーガンを実践している人もいます。
食生活をヴィーガンにすることでアスリートのパフォーマンスを向上とさせるという臨床データは今のところありませんが、ビーガンを実践しているアスリートが「体調が良くなった」「体が軽くなった」「疲れが残らなくなった」「怪我が減った」と感じているようです。

アメリカスポーツ医学会(American College of Sports Medicine)は、

「筋肉の炎症や体内で起きるアレルギー反応を含む、あらゆる炎症反応をコントロールすることが、免疫力向上・怪我の予防・慢性炎症の予防につながる。
その結果、トレーニングをスケジュール通り行うことができ、試合に向けての体調管理ができる。ビーガン食は、そのような効果が期待できることからアスリートにも良い」
と示唆する論文を、2010年に出しています。

アスリートにとって筋肉・骨・血液の材料となるたんぱく質は重要な栄養素です。
たんぱく質の栄養価を示す指標に「アミノ酸スコア」があります。
食品に含まれている必須アミノ酸がどれくらい満たされているかでアミノ酸スコアは算出され、100に近い数値であるほど理想的です。
アミノ酸スコアが100なのは、鶏卵・牛乳・牛肉・魚で、TOFU-MEAT(トーフミート)の原料である、大豆もアミノ酸スコアは100です。
実際、当店のお客様にはトップアスリートの方もいらっしゃいます。
TOFU-MEAT(トーフミート)は低カロリーで良質でかつ質の高いたんぱく質を含む代替肉として、ベジタリアン、ヴィーガン、アスリートなど、食にこだわる方々にご支持いただいています。